CompTIA Linux Powered by LPIは、Linuxの基本的なスキルと知識を証明する認定資格です。Linuxは世界のITインフラストラクチャーの多くで中心的なオペレーティングシステムであり、Linux+はITに従事している人、特にWebやソフトウェア開発のキャリアを積まれている方には、不可欠な資格です。

CompTIA の実際の試験について

サンプル設問

CompTIA 認定資格取得のメリットを確認したい方へ

認定資格取得のメリットの詳細

概要

Linuxは、IT業界トップのソフトウェアおよびサービス配信プラットフォームであり、スーパーコンピューターやWebサーバーから仮想化システムやAndroid携帯電話にいたるまであらゆる用途で使用されています。 そのため、Linuxプロフェッショナルは常に需要の高い職種の一つでもあります。CompTIA Linux+ Powered by LPI認定資格では、Linuxシステムの設定、管理、トラブルシューティングに必要な基本的なスキルと知識を評価します。

実務に直結するLinux+
2010年~2012年の間に、75%の企業がLinuxを使用して新しいアプリケーションやサービスを開発しています。74%の企業は、将来的なクラウドコンピューティングでのLinuxの使用の継続または拡大を計画しています1

広く認知されているLinux+
CompTIA Linux+ Powered by LPI 認定資格は、米国海軍、Dell、HP、BAE Systems、Northrop Grumman、米国国防総省などの大規模な組織で活用され、認知されています。

さらに高い目標へのステップとしてのLinux+
CompTIA Linux+認定資格を取得したITプロフェッショナルは、同時に、LPIのLPIC-1と、SUSEのCertified Linux Administrator (CLA)を同時に取得することができます。Linux+認定資格の取得は、Red Hat Certified EngineerやAmazon Web Service (AWS) Certified SysOps Administratorなど高度なLinux認定資格の取得に向けた第一歩です。

Linux+取得後、LPIC-1への申請方法

LPIC-1を先に取得された場合には、Linux+を取得することはできません。また、この申請は、日本で実施することはできません。

  1. LPI IDを取得します。
  2. 下記WebサイトからLPI IDを取得する。https://cs.lpi.org/caf/Xamman/register
  3. Linux+の2つの試験に合格後、ご自身のCompTIA認定アカウントにログインします。Demographics からSettingsを選択し、設定ページでご自身の情報をLPIに送信するようボックスにチェックを入れてから送信をクリックします。

Linux+ Powered by LPIを取得することで活躍できる職種

Linuxデータベース管理者

初級Linux管理者

初級ネットワーク管理者

Web管理者

キャリアパスのプラン

CompTIA Linux Powered by LPIを活用されている企業:

Dell

米国国防総省

米国海軍

試験の詳細

試験番号 LX0-103 LX0-104 
試験内容 CompTIA Linux+は、Linuxのコマンドライン、基本的メンテナンス、ワークステーションのインストールと設定、ネットワーク設定など、Linuxを利用する上での主要なタスクを対象にしています。Linux+は、LX0-103とLX0-104の2つの試験で構成されています。受験者はLX0-104の受験前にLX0-103に合格する必要があります。
問題数 60問
60問
問題のタイプ 複数選択(1つの回答)、複数の回答、穴埋め式 複数選択(1つの回答)、複数の回答、穴埋め式
試験時間 90分
90分
合格スコア 500(200~800のスコア形式)
500(200~800のスコア形式)
推奨経験 CompTIA A+、CompTIA Network+相当のスキル、12ヶ月間のLinux管理経験
CompTIA A+、CompTIA Network+そう当のスキル、2ヶ月間のLinux管理経験
言語 英語、ドイツ語、ポルトガル語
英語、ドイツ語、ポルトガル語
受験料 $200.00(USD) (すべての価格を表示) $200.00(USD) (すべての価格を表示)
類似問題と試験出題範囲
次の情報の受信を希望します

試験の準備

CertMaster

CertMasterは 、Linux+試験対策のための効果的なラーニングツールです。CertMasterは、既に得ている知識を素早く評価し、ナレッジキャップを補うことにフォーカスするように設計されています。強力な試験対策であり、受験者をLinux+カリキュラムの熟達へと導きます。

より詳しい情報はこちらから

無料トライアルに登録する

トレーニング教材

トレーニング教材は、ご自身の学習ニーズや学習スタイルに合わせて選択することができます。自学、研修に関わらず、CompTIAの認定トレーニングパートナーから提供されているトレーニング教材を利用されることが、合格への近道です。

各種トレーニングは、トレーニング概要を参照してください。

CAQC教材の検索

座学トレーニング

座学トレーニングでは、認定資格の出題範囲に精通しており、認定資格の受験を効率的にサポートできるインストラクターが、トレーニングを提供します。インストラクターを今すぐ検索

各種トレーニングは、トレーニング概要を参照してください。

CompTIA Authorized Training Partnerの検索

受験への準備が完了

トレーニングを完了し、自信を持って受験に臨む準備ができたら、試験の予約に必要となる試験バウチャーを購入しましょう。

バウチャー購入後、テスト会場受験の予約をします。

 

更新

CompTIA Linux+認定資格は生涯認定で更新の必要はありません。

CompTIA継続教育(CE)プログラムで更新可能な認定資格については、継続教育のページをご覧ください。

Good for Life Certifications Linux+は生涯認定です。

次のステップ

Sample Questions

CompTIA の実際の試験について

サンプル設問

Sample Questions

CompTIA 認定資格取得のメリットを確認したい方へ

認定資格取得のメリットの詳細