現職/退役軍人向け情報

IT認定資格を取得することで、ITでのキャリアを促進させることが可能です。現在のテクノロジーを利用してナレッジギャップを埋める以外に、仕事をする上で必要なスキルと自信を兼ね備えていることを示すことができます。次の4つのステップで認定資格の取得方法をご紹介します。

1.キャリアと認定資格を参照する

CompTIAの キャリアロードマップ を利用してITキャリアパスを検討し、そのキャリアにはどのIT認定資格が必要かを判断します。

ITでのキャリアを検討している段階か、あるいはすでにIT分野で仕事経験があるかに関わらず、知識を広げるために認定資格を検討します。関心のある分野で必要な認定資格を探せ出せたら、それぞれの 認定資格のページに移動し、キャリアパスをサポートする認定資格についての詳細を参照します。

2.トレーニングを受講する

認定資格の受験に備えるために、ご自身のスケジュールや仕事に合わせて各種トレーニングを選択し組み合わせることができます。

  • CertMaster:デスクトップ、ノートパソコン、モバイルデバイスで利用できるCompTIAのオンラインラーニングコンテンツです。
  • 自学ツール:受験のためのテキスト、電子書籍、Eラーニングツールです。
  • 研修:講義形式を希望する場合、トレーニングパートナーを検索して、開催している講座を探します。コミュニティー・カレッジや大学でもCompTIA認定資格のトレーニングが受けられ場合があります。
現職/退役軍人は、認定資格トレーニングの費用をカバーする資金援助を受けることができる場合があります。詳細はこちらから:

3. 認定資格試験

CompTIA認定資格の受験準備が整ったら、6,000カ所あるPearson VUEテストセンターの中から希望のテストセンターを選択し、受験の予約をします。

受験方法について知る

4.IT分野での就職を探す

認定資格を取得していることで、雇用チャンスは大幅にアップします。退役軍人の雇用に取り組んでいる企業の雇用者リストを検索したり、ジョブ検索を利用したり、もしくは、Indeed. comなどで自分の住んでいる地域の応募職種を検索します。

役職を選択:
郵便番号: