SMEとして参加する

CompTIAでは、SMEの皆様に、認定資格試験の開発と維持をご協力いただいています。

それぞれの認定資格のスキル基準が適切に評価された認定資格を開発するためには、SMEの皆様からの協力が非常に重要となります。参加いただける方は、ITプロフェッショナルによって使用されるテクノロジーやスキル、ベストプラクティスに関連した試験の作成や調査のために、SMEとして、CompTIAスタッフと協働で作業を行います。CompTIAでは価値のあるご協力に対してSMEの皆様に謝礼をご提供しています。CompTIA本部でワークショップに参加いただくSMEの方には、CompTIAバウチャーの提供や謝礼、滞在中の食事等が提供されます。

CompTIA SMEに応募する

試験開発プロセスにおけるSMEの方の感想を掲載しています。

SMEの登録要件

03210-CompTIA-Exam-Link-Graphic-R1
  • SMEになるには、それぞれの認定資格のスキル基準に合わせたワークショップで要求されるテクノロジーおよびツールの経験が必要です。SMEの方はCompTIA認定資格取得が推奨されていますが必須ではありません。
  • CompTIA本部でワークショップに応募する場合、米国シカゴ ダウナーズグローヴにあるCompTIA本部のオフィスにて最大1日8時間拘束、週休2日制勤務となります。ダウナーズグローヴはシカゴ郊外で、オヘアおよびミッドウェイ空港の両方から自動車でアクセスが可能です。
  • CompTIA機密保持契約書に署名してください。
  • 教育事業社、出版社などに勤務されていて、CompTIA認定資格試験内容を知ることで何らかの利益を得る立場にある場合は、SMEとして参加することはできません。
  • 登録後に、CompTIAにて審査をさせていただきます。SMEとして参加いただけない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

SMEの専門知識

以下で紹介しているCompTIA SME 2名の活動内容から、SMEとして必要な専門知識や活動内容をご確認ください。 

リチャード・リーベンはCompTIA SME Technical Advisory Committeeの一人です。CompTIA SMEとしての経験と、ITプロフェッショナルにCompTIA SMEとして参加してほしいと思っている理由について語ります。「あなたが認定資格を取得する際に、楽しんでトレーニングを受けることができたなら、CompTIA SMEコミュニティーは最適な場所かもしれません」リーベンは話しています。「気後れしないでください!基準をすべて満たし、自分も協力できると思う方は、ぜひ専門知識を持つ分野のプログラムに応募してみてください。」

ライアン・フリルマンは、コンピューターとコミュニティー・サービスに並々ならぬ愛情をもって取り組んでいます。このプロフィールでは、 彼は様々な人のスキルアップと成長を支援することがSMEとして参加の動機だと話しています。「これらのイベントに参加するときは、学びの場だと捉えてください」とフリルマンは言います。「私たちは、みなそのためにいるのです。」